相談。

企業で働く社員さんのための,会社内相談窓口みたいなのありますよね。

パソコンやネットワーク関係の社内ヘルプデスクとか。
セクハラやパワハラなどの相談窓口とか。
福利厚生とかの受付窓口とか。

まあ,いろいろと種類もあるわけですが,その中でもやはりハラスメント系の相談窓口というのは特殊だと思うのですよ。
相談者が「相談に行った」という事実そのものを公にしたくないという性格が色濃くでるので。
相談窓口をどこに設けるかというのも気にしなければならないようになります。
最近はメールなどを利用して,周囲に感づかれないように相談できたりするところもあるようですね。
(うつ等で産業医に相談するのも公にしたくないという性格のものになるかと思いますが,産業医の場合は精神疾患以外の疾病等の相談もあり得るので,窓口に相談に行くだけで公にばれてしまうという危険性は,ハラスメント系に比べれば低いと思います)

と、まあ前置きが長くなってしまいましたが。

うちの職場にもハラスメント相談窓口があるのですよ。
で、直接窓口に出向くのが心理的に難しいだろうというので、目立たないところに相談用紙と投函箱が置いてあるんですね。
おそらく、定期的に相談窓口の人が箱の中をチェックしているのでしょう。
まあ頷けるシステムです。

ただ・・・。
その箱と用紙の名前が。
「ハラスメント箱」「ハラスメント用紙」。

なんつーか、もう少し考えようよ。
せめて直接的な名前にするにしても「相談用紙」でしょうよ。
いくらなんでも「ハラスメント用紙」は無いわ(笑

ということを、置いてある場所の前を通る度に思うのであった。

まあ、意図は分かるからいいっちゃいいんだけどね(^^;

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック