お付き合いと結婚。

この記事を読みました。
「理系」と「文系」について書かれています。
こういう話題は結構好きな私・・・。

ところで,「理系」「文系」を分ける基準は何でしょうか?
私はがっこの成績は理系科目が良かったくせに文系コースに進んだ変わり者です。
大学も,理系文系,どちらでも受験出来るとこに入学しました。
なので,教育課程上の成績の傾向や履修した科目で分けようとするととても曖昧です。
また,そのような分類でないなら,どのように分けられるのでしょうか。
まずそこをきっちり定義しないことには・・・。

などと理屈を並べたがるところを見ると「理系」人間なのかもしれません(何)。


さて。リンク先の記事について。
理系には「初めての彼女=奥さん」が多そう,という話ですが。

まず、平均的に結婚するまでに、付き合う異性の人数って何人くらいなのでしょうか?3人?5人?まあ、データがあるわけではないでしょうが3~5人ってところではないでしょうか?この場合、遊びは除きますので、実際はこれより少ないかもしれません。

つきあった人数が少ないと、「もっといろいろな人を見たほうがいいよ」と言われることが多いです。
そりゃ比較対象は多いほうが、多いほうがいいに決まってます。

とのこと。

確かにあるかもしれません。
「もっといろいろな人を見た方がいい」と言われること。

しかし私は,これってどうよ? と思う。
(リンク先の方への反論ではありません。リンク先へ飛んで読めば分かると思いますが,念のため。引用の仕方がマズいかな・・・。)

だって,「もっといろいろな人を見る」って,いわゆる「ただの人間観察」じゃなくって,「いろんな人とお付き合いしてみる」という意味が込められてますよね?
もしくは,人間観察をした結果「今,結婚したいと思っている好きな相手」よりも「条件は良さそうだけど別に好きなわけじゃない相手」がいたからって,結婚相手を変える奴なんていないですよね?(多分。)

なので,私にはこの台詞,「今の彼女と別れて違う奴と付き合え」もしくは「フタマタをかけろ」と言われてるようにしか聞こえんのです・・・。

そんなの,あり得ないでしょ!?


そんな私は,初めての彼女と結婚しようとしています。
む,やはり理系人間かっ?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック