あ,「しゃべり場」な話題だ。

「真剣10代しゃべり場」についての記事がありました。
私も以前,こんな記事を書いたりしたくらい,見てました。

で,リンク先でのお題『彼氏・彼女がいないと不安じゃない?』ですが。

私は不安じゃないですね。
つか,実際,学生時代に彼女などいなかったですしね。
それでも不安とかはありませんでした。

自分の中で「恋愛」という気持ちは特別だったというか。
逆に,彼氏・彼女を簡単に作ってはしばらくすると別れる,みたいなことを繰り返す人を内心で小馬鹿にしてたというか,冷めた目で見てたような部分があります。

「誰かと付き合うってことは一生分の好きって気持ちをその人に向けることであって,そんな軽々しく付き合うかどうかを決められるものではない」とまあ,そんな感じ。
それから「自分が好きになった相手が,自分のことを好きになってくれるかどうか分からない」というのも当然ありますから。
「誰かに対して,一生分の好きって気持ちを向けられるようになっても,その人と付き合えるかどうかは分からない」ですし。
なので,「人を好きになること」に対してすごく慎重だったというか。
単にビビってるとも言いますが(^^;

実際,「一生分の好きという気持ちを向けられる人に出会わなければ,生涯独身(付き合うこともしない)だろうなあ」ぐらいに考えてましたね。
それで当たり前だと。

まあもちろん,学生の頃からそういう「付き合い方」ができる相手と巡り合うこともあるでしょうから。
そういう人たちは評価しますが。
そういう出会いが早いか遅いかで格下格上が決まるとも思わないし。

そういう「付き合い方」でない付き合いをすることは無駄だ,というか。
そういう「付き合い方」でない付き合いをすることはと間違っている。
ぐらいに感じていたように思います。

うん。無駄だというよりも,間違いだという感じ。
これでは不安になどなりようもありません。
むしろ付き合ってない方が普通です。

誰かのことを,いいな,とか好きかも,とか思っても。
ホントに一生もんの「好き」なのか?
と自問自答してるんですから。


ただ,私は不安ではないのですが。
私の中で,結論的には。
「私は不安ではない。でも不安に感じる人もいるだろう。人それぞれだ。」
で完結してしまうんですよね。

でも,番組に出てる人たちって,自分の主張をなんとか認めさせて,相手の主張を却下しようとしてるように見えるんですよね。
「どっちもアリ。」な結論を認めないというか・・・。
番組制作的にそういう風にしてるのか,それとも10代ならではの若さなのか。

昔は私もそんなノリで。
自分と同じような意見を述べる人をテレビの前で応援してたりとかしたんだけど。
今は,そんなにムキにならんでも・・・。と感じることが多いです。

自分的に「これだけは譲れない」と思うことが減ったという感じでしょうか。
自分の持つ価値観と,真っ向から反駁するテーマだと,今でも熱くなるのかもしれませんが。
そこまでのものはほとんどないですね。
価値観が多様になったからなのか。物事に対するこだわりが薄くなったのか・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

らん
2004年11月17日 23:33
風花さん、はじめまして。トラックバックありがとうございます。
私の答えは「YES」と書きましたが、「今の(彼のいる)状態が崩れるのが怖い」と言ったほうが正しいかもしれません。だからなんとなく出題者の気持ちがわかるんです。現在、自分の興味が何に向いているのか、という違いかもしれません。もしも、私に今、彼と呼べる人がいなかったら、もしかしたら答えが「NO」に変わるかもしれないです。
確かに答えは人それぞれですね。私、出題者の気持ちは分かるんですけど、そういう考えからは脱したいと思ってるんです。なんだか自分にいかに芯が通ってないか考えさせられもしました。
風花@管理人
2004年11月18日 11:08
らん 様>コメントありがとうございます。
ふぅむ・・・。
私も,今は彼女様がおりますので。今の状態が崩れるのは死ぬほど嫌ですが(^^;
そういう意味では,「彼氏・彼女がいる」という状態のほうが不安ですね。
「いなくなる」かもしれないという不安がありますから。
ただそれはあくまで「今,いる人がいなくなる」不安であって。
彼氏・彼女が「いないこと」が「いること」よりも不安なわけではありません。

この回の放送を見たわけではないので,詳しくは分かりませんが。
もしそういう意味での「いなくなる」不安について喋ってたのなら,私の答も「YES」になります。

この記事へのトラックバック