「守る」こと。「守りたい」こと。「守れないかもしれない」こと。

「出来ない約束」という記事を読みました。
直接は関係ないかも知れませんが,こんな事を考えました。

ついでに。

30*3のお題30*3のお題

26つ目

としても設定。丁度よいお題が。



お題【名詞-29:約束】


約束は,「守なければならない」ものです。
約束は,「絶対に守りたい」ものです。
約束は,「守れないかもしれないもの」です。

さて,どれが正解でしょうか。

相手を騙そうという意図がない限り。
通常,約束は「守るつもり」で交わすものでしょう。
そこには簡単な「未来予測」による「守れるだろう」という判断も介在するでしょう。

でも,やっぱり,未来のことだから。
「予測」段階では予期してなかった事が起きたりして。
どんなに守ろうとしても。
どんなに守りたいと思っても。
どうしても守れなくなってしまうこともあり得ます。
残念なことながら。

それでも約束を「守らなければならない」と言うのなら。
「未来予測」を完璧なものにするしかありません。

でもそれは。
過去を見て現在を生きる人間という立場では。
どうあがいても無理な話。
だから,どうしても。
「守ろう」という意思の強さによって。
「守りたい」という気持ちの強さによって。
約束を守れるかどうかを判断してしまうものです。

つまり。
「守れそうにない約束」を交わしてしまうということは。
それだけ,「守りたい」という気持ちが強いということです。
しかしその分,「守れないかもしれない」という悲観的未来も起こりやすくなってしまいます。

「守れない約束はしない」という「約束」を。
誠実に,絶対に,守ろうとするならば。
すべての約束を「しない」こと。
私には,それ以外の方法は見つけられません。


「守ろう」とする意思。
「守りたい」という気持ち。
それがあるからこそ,約束は交わされる。

たとえ,約束が守られなかったとしても。
その意思。
その気持ち。
それだけで,充分ではないですか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 約束について

    Excerpt: 「「守る」こと。「守りたい」こと。「守れないかもしれない」こと。」について 風花さん ご意見有難うございます。 Weblog: VEGAのヒトリゴト@WebryBlog racked: 2004-10-30 01:57