日記というか何というか・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 恋愛(?)変遷

<<   作成日時 : 2017/08/05 04:40  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Twitterの方で、出会いから結婚に至るまでの経緯を自白しあう大惚気大会(笑)が開催されていたので、こちらにまとめて書いてリンク貼ればいいかなって。

えーと、就職したあたりから始めればいいのかな。
県外の大学に進学してた私は、もともと地元志向が強かったので、地元に戻って就職したのね。

でも、2年くらいしたときに、東京に1年研修に行ってみないか、みたいな話が持ち上がったの。
東京研修はそこの職場の制度としてはありふれたもので、毎年と言っていいほどバンバン研修生出してるんだけど、本来は私よりもう少し経験積んだ勤続4〜5年目くらいの人が行くのが一般的だったみたい。
でもたまたまその年は、それくらいの勤続年数の人が軒並み希望出さなくて、巡り巡って私のとこにお鉢が回ってきた、みたいな感じ。

んで、先にも書いたけど、地元志向の強かった私は「東京なんて…」っていう気分ではあったんだけれども、家族とかにも相談して、まあ若いうちは何事も経験だから、みたいな感じで行くことにしたの。

で、東京つったら都会じゃない?
私の居住エリアの最寄り駅近辺で活動してるTRPGサークルとか検索しても、何件かヒットするわけよ。
それに、埼玉とか神奈川とかの近県まで足を伸ばしやすい交通網とかあって、ちょっと探せば小規模な同人誌即売会とかそこら辺でバンバンあるわけ。

それに味を占めた私が、研修どころか東京への配置換えを希望してしばらく都会ライフ満喫じゃー!!的に方向転換するのは自然な流れだったのです(笑

とまあそんな都会の休日ライフの一環で、あるTRPGサークルに参加することになります。
月1で定期的に活動してるとこだったんだけど、そこに、Iさん(将来奥さんになる女性)がいました。
私が参加し始めるほんの数か月前(月1なんで、ほんの数回前ね)に、友人の誘いで参加したらしい。

で、サークルは月1なんだけど、それでは遊び足りない人たちが、サークル活動のない週も会って遊び始めます。
なんやかんやで、固定メンバー(+一部浮動メンバー)がほぼ毎週、週末に集まって遊び始めたのです。
私とIさんも、その固定メンバーの一員でした。

で、この段階でもさほど恋愛意識はしてないのですよね。
接点と言えば、谷山浩子とかZABADAKなんかの音楽が好きだったりとか。
あとは食事に出たりすると集団で徒歩移動するわけですけど、その時に歩く速度が合って(2人とも遅い)、「みんな速いねー」とか言いながらほてほてと最後尾を歩くくらいの。

とまあ、そんな感じでオトモダチ状態なわけですけど、ここで私がIさんをちょっと意識するようになる出来事が起きます。
と言ってもそんな大したアレではないんですけど。
「Iさんは、固定メンバーの中のAさんのことが好きらしい」情報です。あ、Aさんって私じゃないよ?別の人です。
メンバーたちに言わせると、結構バレバレで見てたらわかるとか言うのですけど、私は全然わかんなくて、へーそうなのかーとか思ってたのですが。

ちなみに私の悪い癖というか、以前からなんですけど。
女の子とも普通にオトモダチする子だったんですよね。で、そこから「好きかも?」「女の子として可愛いかも?」に発展するには何かきっかけが必要なのですよ。意識改革みたいな。
で、よくあるパターンがこの「○○さんは××さんのことが好きらしい」情報なんです。
「恋する女の子は可愛い」理論ではないですけど、要はただのお友達だと思ってた人が、異性に恋をする人なのだと気づくわけです。そしたら可愛く見える。
というわけで、いいかも、と思った時には他の誰かのことを好きらしいという情報コミなわけです。タチ悪いw

そんなわけで今回も「あ、可愛いかも。でもAさんのことが好きなのかー。私は脈なしだな」的な感じの認識。
気になる女の子ができたときは大体こんな感じなので慣れたもんです。
初詣にも遊び仲間みんなで行って、こっそり縁結びのお守り買って、Iさんとイイ感じに慣れたらいいなあとか、いやそれは脈なさそうだから別の人でも良い縁があればいいなあとか、まあそれくらいの。

でもまあ遊び仲間の固定メンバーであることに変わりはないし、移動時の歩き速度の関係でなんやかんや話したりはしてたんですけど。
そんなこんなで、あるとき私が文庫本貸したんですよね。Iさんに。
そしたら読み終わってから何週間かタイミング悪くて返してもらえる機会が来なくて。
郵送で返すから差し支えなければ住所教えてってメールが来るわけです。2月上旬くらいに。

あれ?ってなるでしょ?
これってバレンタイン合わせじゃないのって。
いやでもAさんのこと好きらしいし、自意識過剰かって。
でもまあ差支えはないので住所は教える。

で、まあバレンタインデーに文庫本とお手紙とチョコが届いて。
お返事書いて、お付き合いが始まる、と。

そんな感じの経緯なのでした。

こんなの需要あるのw?
まあとりあえず書いたんだし、労力を無駄にするのもアレなんで上げとくけど。

ちなみにこの時のお手紙、ちゃんと大事に持ってる。
引き出しにしまってるとかじゃなくて、いつも持ち歩いてるカバンのポケットに入ってて、常時携帯。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
恋愛(?)変遷 日記というか何というか・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる