日記というか何というか・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 人名用漢字について。

<<   作成日時 : 2004/07/05 12:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 8

この記事を皮切りに,人名用漢字についての議論が出てきている。
今回の人名用漢字の範囲拡大については,「名前にふさわしくない漢字が多いので,それらを削るべきでは」的な論調のものが多いようだ。
まあ,私の見に行ってるBlogの傾向が偏ってるだけかもしれんけど・・・(^^;
で,ちなみに私の意見は「それらの漢字が含まれてても別に良いんじゃない?」てなものなので,ちょっぴり意見書くのが怖かったりもする。でも書くけど(笑)。

というわけで,私が「それらの漢字が含まれてても別に良いんじゃない?」と思う理由を以下に。


理由1。

私の人名用漢字に対する考え方として,「別にどんな漢字使ってもいい。制限する方がおかしい」というのが基本にあります。
ただ,「使える」からといって「人名にふさわしくない名前を付ける」ことを肯定するものではありません。「使える」けれども,名付けをする人が「使わない」というのが正常なあり方だと考えています。
ぶっちゃけ,現状の漢字リストからでも,またはひらがなやカタカナであっても「ふさわしくない名前」はつけられるわけですから。

理由2。

法務省の「人名用漢字の範囲の見直し(拡大)に関する意見募集」ホームページの説明によると。
戸籍法50条・戸籍法施行規則60条によれば,子の名に用いることのできる漢字(人名用漢字)は,「常用平易」でなければならないとされ,常用漢字表に掲げる漢字1,945字,人名用漢字別表に掲げる漢字287字の合計2,232字に制限されています。この人名用漢字については,平成2年3月,118字を追加する改正が行われて以来,相当の期間が経過しているところ,その間に,人名用漢字の拡大についての要望が多数寄せられ,また,平成15年12月には,最高裁判所が,人名用漢字以外の漢字であっても社会通念上明らかに「常用平易」なものであれば,これを用いることを認める新判断を示しました。このような情勢の変化にかんがみ,・・・

と書かれています。

つまり今回の見直し(拡大)は最高裁判所が,人名用漢字以外の漢字であっても社会通念上明らかに「常用平易」なものであれば,これを用いることを認めると言ったことが,少なからず影響しています。
するとつまりどういうことになるか。
極論すれば,「人名用漢字リストに載ってなくても『常用平易』であれば使っていい」→「『常用平易』であれば人名用漢字リスト関係ない」ということになりません?
私としてはこの段階で,「人名用漢字リスト」というのが形骸化してると思うので,わざわざ決めることに何の意味があるのかと思うのですが,あるとすれば『(人名に使えるような)常用平易』な漢字リストという意味でしかないと考えています。
つまり,いちいち裁判所で『常用平易』かどうかを判断しなくていいように,『常用平易』であるものは載せ,そうでないものは除外する,という方向性です。
そこに「人名としてふさわしいかどうか」という基準を持ちこむと,リストの形骸化を進める方向になってしまうと思っています。


上の2つの理由から,今回の人名用漢字の範囲の見直しについては,リスト案が「『常用平易』かどうか」だけを判断基準にしたらしいので,私としてはまあこれでいいんではないかな,と。
その上で,「人名にふさわしくない」かどうかについて,漢字1字1字という文字レベルでなく,ひらがなやカタカナも含め,文字を組み合わせてできあがった「名前」の段階で判断するべきだと思っています。

ちなみに,ここで,名付けや「悪魔」くん事件についてわかりやすくまとめられてると思うので,参考までにリンクしておきます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
人名用漢字の戦後史
■円満字 二郎『人名用漢字の戦後史』〔岩波新書〕は、戦後日本社会の 漢字意識をてらしだす意味で、非常に 画期的なものといえる。■資料的に問題があるのではないか、という批判もあるが、ハラナは、そんな こまかな歴史的経緯の真偽なんて、どうでもよい。日本人の な... ...続きを見る
タカマサのきまぐれ時評
2005/10/03 08:17
今年の漢字は「命」…ご出産やいじめ自殺問題など
 毎年、年末になると「今年の漢字」なるものが決まるが、今年は「命」ということだった。 ...続きを見る
総合情報ニュース徒然草
2006/12/13 10:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。読ませていただいて、なるほどなーと思いました。”出来上がった名前で判断する”というのも1つの方法だと思いますが、名前の問題の本質って何なのだろう?と、考えてしまいました。「珍奇」で「難読」で「混同」されやすい名前はどうしていけないのか?”いじめにあいやすい、差別をうけやすい”っていうのが根本にあると思うんですよね。だったら、名前によるいじめや差別がなくなればいいのだけど、ゼロにはならない。名前をサカナにしたからかいなんて、子どもには日常茶飯事的にあります。”みんなと違うことはよくない”という考え方や、いじめ問題をどーにかしないと、こういう問題っていつまでたっても起こる気がする・・というのは、考えすぎでしょうか?
ワカメ
2004/07/06 12:20
ワカメ 様>コメントありがとうございます。
初めましてですか・・・? 「集金のおじさん(2004.06.16)」の記事にコメントいただいた方とは別のワカメさんなのかな。
そうですね。いじめや差別というのも問題だと思います。
ただ,それらがなくなったとしても,やっぱり言葉には「正のイメージ」「負のイメージ」があると思いますから。
いじめられないからといって,子供に負のイメージの言葉をつけても問題ないかというと,そうでもない気がします。
風花@管理人
2004/07/06 13:24
ごめんなさい、以前トラックバックしていただいた風花さんですね、大変失礼致しました。あの時と同じワカメです。上のコメントに書いた「珍奇」その他は、改名が認められる条件なので、ちょっと話がズレてましたね。
ワカメ
2004/07/06 16:35
ワカメ 様>コメントありがとうございます。
あ,同じ方でしたか(^^)
改名については調べてなかったです。関連する話題なのに,見落としてましたね・・・。
ただ,改名だとその名前持ってる本人の意向が絡んだりしますが,出産時の名付けになると本人の意図は全くありませんしね・・・。
関連はするけれど,同一にはなりえないかなあと思いました。
全く調べてないので,根拠のある意見ではありませんが。
風花@管理人
2004/07/06 16:48
風花さん、はじめまして。一連の意見を読んできましたが、私も風花さんに賛同します。
やはり、名前に関する社会通念がここ数年大きく多様化してると思います。その中でどれくらい、合理的な理由で命名権を制限できるのかと言う点が問題になると思います。
合理的理由が無い限り制限はしてはいけないと考えるので、使えてもいいと思います。価値観で言ってしまえば、禿なんて、フランス人気にしませんしね。
あと、ずれますが、どんなにまともな名前であっても、在日コリアンのとって、日本名は自らのアイデンティティーの否定でもあります。ですから、これこれこういう名前が、普通だ。普通じゃないといじめや差別を助長する、という議論より、名前はその人とその親、時にはその人の文化背景そのもの、大事な自己主張である、だから、名前を馬鹿にすることは、許される事ではないと、考えます。
理想的ではありますが、どんな名前でも尊重する社会にしていきたいと思います。
ただ、小学生とか名前でいじめるの好きなんだよね〜〜何でだろう?(_ _*
アルタ前
2004/08/10 01:49
アルタ前 様>コメントありがとうございます。
いじめというか、からかいの対象にはなりますね。それだけ「名前」というものに注目するということでしょうか。
からかわれた側がそのことを気にしすぎると、いじめにまで発展するという感じかなあ、と思っています。
まあだからといって、からかうのは良し。というわけではありませんが。
風花@管理人
2004/08/10 02:02
小学生はもっと人を思いやる気持ちを大切にしたほうがいい得に男の子
大海恵
2004/08/26 12:07
大海恵 様>コメントありがとうございます。
私も,小学生に限らず,人を思いやる気持ちは大切だと思います。
幼稚園や小学校など,大勢の人間と接する場所に初めて出る際に,既に覚えておくのが理想的なんでしょうが,少なくとも小学生の早い段階で身につけて欲しいスキルではありますね。
風花@管理人
2004/08/26 12:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
人名用漢字について。 日記というか何というか・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる